Home > TagScript

ベクトルドロー・レベルゼロ

タグとスクリプト

Webサイトを構成するそれぞれのWebページは、htmlとcssだけでなく、サイトを閲覧するパソコンで動作するjavascriptやサーバー上で動作するcgiプログラムも使用して作成されています。

javascriptやcgiプログラムは、自分でプログラムを理解して作成するだけでなく、よく使われる機能は、プログラムが公開されていますので、それを利用してWebサイトを作成します。

Webページで、htmlとcssで表現する使われる部品や基本的なレイアウトは、記述内容がパターン(定石)として存在します。そのレイアウトパターンを理解、あるいは、必要なときに確認できるようにしておき、それらを組み合わせて、自分が実現したいデザインをWebページ上に表現します。

最初は、初心者向けのWebデザインの入門書を参考に、Webページで利用する部品をhtmlとcssで表現する方法を理解していくことをお勧めします。

Webページで利用する部品を表現するhtmlとcssは、覚えなくても、テキストエディタのマクロやスニペット機能に登録することで、簡単な手順で挿入することが可能です。効率的にhtmlコードを作成するには、変更しない部分は、テンプレートとして予め作成しておき、異なる部分のみを作成します。また、テキストエディタのマクロ機能を活用して、作業をより軽減できるように工夫することを心がけておくことをお勧めします。

タグリファレンス

htmlやcssのリファレンスは、Web上で見つかります。有効に利用しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」