Home > TagScript > html,cssテンプレート

ベクトルドロー・レベルゼロ

Webサイトテンプレート

新規作成日 2015-11-11
最終更新日

ホームページやブログを新たに作成しようと考えたとき、どういった順番で作成するのが効率がいいのでしょうか。 いろいろなアプローチがありますが、まずは、すべてのページで共通に使われる部品を配置したテンプレートを作成することがいいのではと思います。

  • CMSを使用する方法

    最近推奨されている方法。あらかじめデザインについての機能がある程度用意されているので、細かなところまでこだわらなければ、文章や画像の作成に注力できる。

  • htmlとcssタグを入力して作成する方法

    旧来のスタイル。細かなところまで自分で指定できるが、そのための知識を集める必要がある。

  • ホームページ作成ツールを使用する方法

    短期間で、ホームページやブログを作成できる。CGIを駆使していろいろな機能を実現しているので、一度使うと他の環境に移行するのが困難です。 テンプレートや画像や写真などの素材も含めて考えるとお買い得と考えることができます。作成時間が限られている場合には効果的です。

  • ブログやホームページサービスを利用する方法

    サービス提供企業が用意したCMS上で、ブログやサービスを作成する。 サービスの終了やアカウントのはく奪により作成した内容を失う可能性があるので、尖った記事や内容は扱わないようにする配慮が必要です。

大きく分けるとWordpressなどのCMSを使用する方法、htmlとcssにより静的サイトを作成す方法が、 そして、ホームページ作成ツールを使用する方法とテキストエディタを使用して、タグを入力する方法があります。 Windowsに標準で付属しているメモ帳で入力することを推奨している場合がありますが、効率が悪いのでテキストエディタを使用することをお勧めします。

ホームページ作成ツールを使用する場合の注意点は、コメント欄など閲覧者がページを変更できる機能が提供されていますが、 これは、CGIと呼ばれるスクリプトで作成されているので、その背後がどのようになっているか理解していないと、 使用した作成ツールや指定されたサーバーの制約を受けることになります。

ここでは、「htmlとcssタグを入力して作成する方法」で静的サイトを作成する方法について扱います。 ブログは、動的に作成する仕組みですので、CMSを使用することをお勧めします。

CMS(コンテンツ管理システム)

ホームページの基本要素

ホームページで提供する内容を区別して考えると混乱するのを避けることができます。

  1. 記事 文章や写真を使って、訪問者に情報や娯楽を提供する。
  2. ナビゲーション 訪問者がサイト内の記事を見つけやすくする
  3. 検索窓 訪問者がサイト内の記事を検索できるようにする
  4. パンくずリスト(トピックパス) 記事のカテゴリー情報を明示する。訪問者の使い勝手よりも検索エンジンクローラーが迷わないようにする配慮(SEO)
  5. 管理者情報 管理者への問い合わせ先やホームページの運営ポリシーを明記する。運営上の紳士協定

記事以外のデザインは、共通にしてホームページ全体の世界観を持たることがほとんどです。そのため、入力を軽減するために、同じ部分はテンプレートとして管理します。

「htmlとcssタグを入力して作成する方法」では、コピーして流用し、「CMSを使用する方法」では、リクエストのたびに動的に作成します。

テンプレートを用意する

テンプレートは、いろいろな人が長期間サイトを運営してきた試行錯誤の成果です。 そのため、初心者が作ろうとするとそれだけで何もできないまま時間が過ぎていきます。

そのため、自分でデザインを実現するコードを考えることができないほとんどの人は以下の方法から選択することになります。

  1. デザイン系の書籍で開設されているテンプレートを活用する
  2. 無料で配布されている、あるいは、有料で販売されているテンプレートを使用する
  3. 気に入ったホームページのコードを流用する
  4. デザインテクニックが紹介されている記事を参考にする

テンプレートで使用されているコードの解説されているので、書籍を活用するとコードを理解していなくても活用できます。

これから、htmlとcssを学習する方に

短時間でホームページを作成する必用がある場合は、既存のテンプレートを活用するのがお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」