Home > TagScript > html、css、Java

ベクトルドロー・レベルゼロ

これから、htmlとcssを学習する方に

新規作成日 2016-12-20
最終更新日

これからhtmlとcssを覚える場合は、まずは、エディタと入門書を用意しましょう。

エディタ

エディタは、無料のものであれば、brackets、Visual Studio Code、サクラエディタなどがお勧めです。メモ帳は、入力支援が全くないので、避けたほうが無難です。

テキストエディタ

書籍

インターネット上の情報を使って習得する方法もありますが、情報がまとまっている書籍を使用して、全体の考え方を一通り理解してからの方が効率的だと思います。 既に、良質な書籍がたくさん存在するので、その中から、自分に合った書籍を選びそれを中心に学習するのがお勧めです。

お勧めの書籍

初心者向けです。

  • レスポンシブWebデザイン入門

    段組みとメニューについてしっかりと説明されています。ビューポートでcssを切り替えて使用するレスポンシブWebデザインでサイトを作成する方法を学ぶのにお勧めです。

  • 作りながら学ぶHTML/CSSデザインの教科書

    cssの使い方の基本が丁寧に説明されていますので、cssの考え方理解できなかった人にお勧めです。

選択のポイント

書籍の選択時に以下の点が重要だと思います。

  • 理解していない部分のコードの説明が詳しい
  • 書籍全体を通して、順番にホームページを作成する方法が学べる
  • 説明に使われているページのデザインが好み

最初のうちは、デザインを大きく変更せず、書籍で紹介されたデザインの文章と写真を差し替えたページをから始めることになるので、 より自分の好みに合うデザインのページで説明がされているものがお勧めです。

タグ辞典は、学習初期には、ほぼ役に立ちません。ある程度、使えるようになるともっていると便利になります。

使用する素材を集めておく

現在は、htmlとcssで静的ページ(ページが変化しない)を作成するよりも、WordpressなどのCMSで実現する動的ページ (コメント欄など、リクエストに合わせて動的に変化する)で実現する方法が、主流ですが、htmlとcssの知識は、どちらで始める場合でも重要です。

※WordpressなどのCMSで、始める場合は、後回しにして構いません。

htmlとcssで思い通りのデザインを作成する技術や知識を磨くことも重要ですが、以下のこともブログやホームページを作成するためには大切です。

  • 記事のための資料を集める
  • 記事を書く
  • 写真を撮る
  • イラストを描く
  • スクリプトを作る

どれも、必要になってから、作成する、あるいは、集め始めるのでは、間に合いません。こまめにデータを集積し、こまめに記事を作成し、書き溜めておくことが大切です。

コンテンツの質と量は、サイトの力です。良質な記事をより多く、効率的に作成する環境を整えることが大切です。

htmlとcssについて学ぶのと平行して、記事を作成しておくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」