Home > Editor

ベクトルドロー・レベルゼロ

サイトを作成する際に使うテキストエディタ

タグをある適度覚えるまでは、ツールバー上のボタンを押すとタグやスニペットが挿入できるhtmlエディタが便利です。 しかし、実際には、テンプレートを使用して、変更部分は限られていること、htmlエディタでは、マクロの機能が付いていないことから、 汎用エディタも使えるようになる方向で考えてたほうが良いかと思います。

Atom系エディタ

webkit 系のフレームワークを使ったクロスプラットホームデスクトップアプリケーションフレームワーク「electron」を使用して作成されたフリーなエディタ群です。 そのプラットフォームを作成したリームが作成した大本が「Atom」です。 Windowsでも、MacOSXでも、Linuxでも使えるのが特徴です。

Visual Studio Code

Visual Studio Codeカラーテーマは、Dark+

Visual Studio Codeは、統合開発環境の他のVisual Studioと異なり、コード編集に特化したテキストエディタです。無料で利用できます。 Atom系エディタのなかでは、操作が軽い、落ちにくいなどの特徴があるようです。

Brackets

Brackets

オープンソースのWeb開発向けのかなり強力なコードエディター。Web開発が便利になる多くの機能が用意されています。

Expression Web 4

Expression Web 4

以前は、製品として販売されていたWYSIWYG型のHTMLエディタです。現在は無料で利用できます。

秀丸エディタとマクロ

秀丸エディタでカラーテーマを変更した状態

秀丸エディタは、Windows初期のアプリケーションがほとんど存在しなかった時代から存在するユーザーに高く評価されているテキストエディタです。

マクロの記録機能とコミュニティにより提供されている多くのマクロが人気の高い理由です。

htmlエディタとして使用するためには、使い始める前に、必要なマクロや設定を探す手間が必要です。

サクラエディタ

サクラエディタは、無料で利用できるMS Windows上で動作する日本語テキストエディタです。 マクロで利用できる言語の選択肢が多いので、マクロを新たに覚える障壁がかなり下がります。

Aptana

Aptana

定評のあるWebオーサリングツール(統合開発環境:IDE)。WYSIWYG型 HTMLエディターではありません。Eclipseベースです。

FireFoxのAdd-onでエディター環境を構築する

FireFoxのAdd-onに、htmlエディタを含むサイト開発のためのAdd-onが存在します。 それを使用して、ホームページを作成する環境が構築できないか確認します。 ブラウザ上のAdd-onを使用することで、プレビューは簡単に実現できます。

ChromeのAdd-onでエディター環境を構築する

ChromeのAdd-onには、Chrome Dev EditorやWeb Starter Kitなど、 サイト開発に関係するものが用意されています。それらを利用し、 ホームページを作成する環境が構築できないか確認します。

SeaMonkey Composer

SeaMonkey Composer

本来は、webブラウザですが、Htmlエディタが秀逸です。 2.19になって、 広告コードが存在しても、軽快に動作するようになっています。 [ウィンドウ]→[Composer]でエディタが起動します。

BlueGriffon

BlueGriffon

htmlコードを記述するとデザインにその場で反映され、デザインを修正するとhtmlコードが作成されます。 htmlコードを直接記述した際の表記ミスに弱い気がしますが、記事の下書きに使用すると便利かもしれません。

テンプレートとして使用するためのサイトのデザインを作成、修正したり、デザインの崩れを修正するために使用し、実際のページを作成するためには、他のアプリケーションを使用するといった使い方がいいのではと思います。

Web Essentials

Visual Studioを使用したWeb開発環境を作成する方法です。htmlエディタとして考えると使いやすいと思います。 本格的に使っていこうとすると、VSPakage拡張機能を使って、自分で機能拡張する必要があるように思えます。

ホームページ V4

ソースネクストのホームページエディタ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」