Home > TagScript > html、css、Javascript

ベクトルドロー・レベルゼロ

html、css、Javascriptで、デザインを表現する

新規作成日 2016-12-04
最終更新日

初めて、htmlを使ってホームページを作ろうとした時、htmlを覚えても、意図するデザインが全く作ることができないことに戸惑いました。

htmlページは、パズルを解くようにhtml、css、Javascriptを組み合わせて構築されています。htmlを使ってページを作成する場合は、その組み合わせの定石のような組み合わせパターンを見つけて、それを組み合わせる必要があります。

ホームページ作成の入門書やタグ辞典では、そのあたりの情報が欠落しています。Webデザインの書籍を参考に、どのように使用するか写経するように、あるいは、漢字の書き取りをするように、自分のものにしていく必要があります。

サイトを作成する際に利用する部品を構成する、htmlタグの組み合わせとcssの組み合わせは、数多くあり、その多くが簡単には思いつきません。

Webデザインをどのように使用するか説明する書籍は、htmlやcssに新しい規格が勧告されたときにまとまって出版されます。現在は、html 5とcss 3です。

自分が実現したいデザインのhtmlとcssの組み合わせが頭に浮かんでくると期待するのは、初心者は諦めたほうが賢明です。つまり、特定のデザインを実現するための公開されているパターンを集めて、実現したいデザインを実現する方法が現実的です。

また、携帯端末の登場により、サイトの作成でもパソコンだけでなく、携帯端末を意識してサイトを作成する必要があります。そのため、画面サイズの変化に対応する記述をする必要があります。そして、動きのあるページを作成するには、Javascriptの使って実現する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」