Home > Tools > CMS

ベクトルドロー・レベルゼロ

CMS(コンテンツ管理システム)

新規作成日 2015-11-17
最終更新日

概要

ホームページを作成する方法に は、htmlエディタを含むエディタでコードを作成する方法、ホームページ作成サイトで作成する方法、 CMS(コンテンツ管理システム)と呼ばれるソフト ウェア パッケージで作成する方法があります。

CMS(コンテンツ管理システム)とは、

どこまでをCMS(コンテンツ管理システム)と呼ぶのかはわかりませんが、WordPressやJoomla! やEC Cubeなどのサーバ側にアプリケーションを配置し、動的にページを作成するソ フトウェア パッケージを指すようです。

メリット

サイトデザインを変更した際、すべてのページをアップロードする必要がありません。リンク管理などの管理ソフトがパッケージ内に用意されているので、 大量のページを作成、管理するのに向いています。
 一方、対応するレンタルサイトまたはサーバを使用する必要があること、ローカルPC側に情報が残らないため、データのバックアップの方針を 決めておかないと、サーバ側のトラブルでデータがすべてなくなってしまう危険もあります。また、スクリプトにPHPを使用しているものが多い ので、PHPを知っておかないと細かな操作ができないようです。合わせてデータベースも扱うので、データベースについても学んでいく必要があ るようです。
 現在これらのソフトが優性になり、htmlエディタは、あまり積極的に開発されなくなっています。

CMS(コンテンツ管理システム)

いろいろあるようですが、日本語での情報の入手性を考えると、WordPress、EC Cubeの2択になるかと思います。 それ以外を選択する場合は、英語のドキュメントやその他の情報から、使い方を構築していくことになります。

WordPress

EC Cube(外部サイト)

Joomla!(外部サイト)

concrete5(外部サイト)

baserCMS(外部サイト)

Drupal(外部サイト)

WordPressが有名ですが、多言語サイトの構築には、「Joomla!」、「Drupal」が、支援機能が充実していると言う意見もあります。

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」