Home > ホームページスペース

ベクトルドロー・レベルゼロ

レンタルサーバーを借りて自分でサイトを作成し運営する

新規作成日 2016-11-10
最終更新日

レンタルサーバーを使用する

サーバーには、レンタルサーバー、自宅サーバー、クラウドサーバー選択肢がありますが、 実質的に個人で小規模なサイトを運営する場合は、 共用レンタルサーバー一択になります。

自宅サーバーは、サーバーの学習用に利用されることが多いです。

サイトを公開する目的では、アクセスが少ない場合は、「共用レンタルサーバー」が使われます。アクセスが多くなるに従い、 「専用サーバー」、そして、「クラウドサーバー」を選択します。

サーバーを利用して、サイトを運営する

サーバーを運用し、サイトを公開する際、住所に当たるドメインが必要になります。 ドメインを利用するには、サーバーが追加料金無しで提供してくれるサブドメインを利用する方法と 自分で取得費用を払って取得し、更新費用を払って維持する独自ドメインを使用する方法があります。

ドメインは、長期間使用するとドメイン自体に検索エンジンで有利に評価される傾向があると言われています。 そのため、新規で取得したドメインよりも、提供されるドメインを使用したほうがアクセスが増加しやすいと言われています。 しかし、別のレンタスサーバーには持ち出せないので、どう捕らえるかの戦略が必要になります。

独自ドメイン(URL)を取得する

サイトのインターネット上の場所を示すドメイン(URL)は、サービスやサーバーの利用者に提供される無料のドメイン(URL)が利用できます。 しかし、利用するサービスやサーバーでしか利用できません。そのため、他のサービスやサーバーで利用できません。 訪問者は、ドメイン(URL)を頼りにあなたのホームページやブログにたどり着くので、ドメイン(URL)が変わると、再度、はじめから訪問者を集める必要があります。

有料の独自ドメイン(URL)を利用するとサービスやサーバーに関係なく、そのドメインを利用し続ける事ができます。 サーバーは、訪問者数が増えると性能の高いサーバーに変更する必要があるので、 独自ドメインを使用すると、サーバーの変更の際の手間が大幅に軽減することができます。

お名前コム

サーバーを選択する

通常、ホームページやブログなどのサイトを作成しても、しばらくの間は、ほとんどアクセスは、集まりません誰もアクセスのないサイトに、ページを追加し、記事を投稿し、デザインを向上させていくことになります。 そこに、有料のレンタルサーバーを利用すれば、サーバー利用料が発生し、独自ドメインを使用すれば、取得費用と更新費用が発生します。

他にサイトを持っていれば、そのサイトの訪問者をリンクにより、誘導することができます。 しかし、一番最初に作成するサイトの場合、アクセスを増やす方法がありません。

確立した方法論は存在せず、「延々と記事やページを追加して、アクセスが向上する偶然を待つ」スタイルが一般的です。

そこで、アクセスが増え、広告収入が増えてくるまでの間をどうやって耐えながらサイト運営を継続するかが重要になります。 その際に、サイト負荷に合っていないサーバーを使用すると、サイトの成長を阻害します。 そして、サイトの収益に合っていない高コストなサーバーを選ぶと余分な出費で精神を追い込んだりします。

SNS, ブログサービス

ブログサービスやSNSでは、同じサービスを利用するユーザー間の相互アクセスを増やす仕組みが実装されているので、 個人で作成したサイトよりアクセスの集まる速度が早いです。 フォーマットや機能に制限がありますが、サイトへの訪問者を増やすためには、これらのサービスを有効に利用するのも有効です。 ブログサービスやSNSを使う際のトピックを扱っていいます。

転送設定(リダイレクト)

サイトのURLの変更をともなうサイトの移動は、訪問者を確実に新しいサイトに誘導するために、転送設定(リダイレクト)を行う必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」