Home > ホームページスペース

ベクトルドロー・レベルゼロ

サーバーの選択

新規作成日 2016-11-10
最終更新日

サーバーには、レンタルサーバー、自宅サーバー、クラウドサーバー選択肢がありますが、 実質的に個人で小規模なサイトを運営する場合は、共用レンタルサーバー一択になります。

サーバー

サービスを利用していれば特に意識する必要はありません。 自分で、サーバーを用意して、ホームページやブログを運営する際には、自分で用意する必要があります。

サーバーでは、低価格な共有サーバー、少し利用料金が高くなりますがサーバーを専有できる専有サーバー、高負荷に対応しやすいクラウドサーバー、 または、レンタルせずに自分でサーバーを用意する自宅サーバーがあります。 ほとんどの場合、低価格、あるいは、無料で利用できる共有サーバーで利用を開始することになります。

レンタルサーバー

運営サイトが多く育つまでは、共用のレンタルサーバーを利用することになります。 使ってみないとよくわかりませんが、わからない状態で契約する必要があります。 サイト運営を始めたばかり、あるいは、まだ、アクセスが集まっていないときに利用するのに最適な低価格なプランについて調べてみました。

クラウドサーバー

通常、データ転送量によって課金されます。

イベントなど、どれだけアクセスがあるのかわからないサービスに利用すると対応が楽なようです。 通常のサイト運営で利用した場合どうなのかはあまり情報を見かけません。 かなり、大量のアクセスをあるめることができた場合は、クラウドサービスを利用する以外の選択がないと言われていますが、 個人で、サイト運営をしている場合は、まず関係ありません。 しかし、運営するサイトが、大きく育つとアマゾンやグーグルが運営しているクラウドサーバーを利用することになるようです。

自宅サーバー

プロバイダーを利用して、インターネット回線に接続しているのですから、使わなくなったパソコンを利用して、 サーバを立ち上げるのも1つの選択肢です。片手間にやることになるので、常に使えなくては問題がある場合は避けたほうがよいかと思います。

サーバーサイドアプリケーションを開発する際やサーバー運用の勉強目的に利用される場合が多いようです。

自宅では、どうかと思いますが、中小企業などでは、社内で使わなくなったパソコンを利用したwebサーバーを運用するのは、よい選択ではないかと思います。 ノートパソコンを使用する際は、物理てきに炎上した際、延焼しない配慮をした場所に設置する必要があるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」