Home > Editor > Visual Studio Code

ベクトルドロー・レベルゼロ

テキストエディタ「Visual Studio Code」を使用する

新規作成日 2015-12-08
最終更新日
Visual Studio Code

Visual Studio Codeは、コード入力に特化したテキストエディタです。スクリプトや開発言語に対するコードの入力補助、強調表示か強力なことが期待できます。 htmlコードの入力も対応しているので、ホームページ作成でも有効に使えることが期待できます。

Visual Studio Codeに限らず、テキストエディタは、機能を活用できる人には便利で有効なものですが、 機能を知らない人には好さがわからない傾向があります。きになるエディタは、その使い道につて、アンテナを張り巡らしておく必要があります。

Visual Studio Codeをインスートールする

Visual Studio Codeをダウンロードして、インストールします。

Visual Studio Codeのソースコードの所在

Visual Studio Codeは、オープンソースです。そのため、ソースコードを閲覧、利用することができます。

GitHab:Microsoft/vscode(外部サイト)

Visual Studio Codeのドキュメント

提供されるドキュメントは、英語です。 テキストエディタなので、ドキュメントを読まなくても使えると思いますが、おそらく高機能なコードエディタを目指して開発されているはずですので、 ドキュメントを読まないと、高機能な部分が利用できません。日本語での紹介記事の内容を頼りに利用していきましょう。

Visual Studio Codeの使い方

インストールした後、初めて使用するときに参考になる情報を紹介しています。

Visual Studio Codeの機能

見つけた機能や設定を機能別にまとめています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」