Home > Webページデザイン

ベクトルドロー・レベルゼロ

Webページデザイン

新規作成日 2016-05-30
最終更新日

テンプレートを活用してWebサイトを素早く公開する

Webサイトを作成する場合、テンプレートと呼ばれる共通のデザインの雛形を使用します。

それぞれのページは、テンプレートを使用して必要な部分のみを編集することで、Webサイト全体で一貫したデザインになります。

テンプレートは、htmlやcssの知識があれば、自分で作成することができます。しかし、Webサイトを作成する際は、早急にWebサイトを作成する必要がある場合が多いので、無料で配布されている、あるいは、市販されているテンプレートを利用します。

既に、完成したテンプレートを入手し、必要な部分のみを編集してWebサイトを作成することで、公開までの時間をかなり短縮できます。

Webページを作成するために役立つ知識や情報

Webページを作成、管理するための知識や技術は複合的なので、htmlタグを覚えただけでは、納得できるWebページは作成できません。 役に立ちそうな情報を集めていきます。

Webページの表示速度

一般に表示に4秒以上かかるWebページでは、4割以上のユーザーが離脱すると言われています。 素早く表示できる軽快なWebページの作成を心がけましょう。

Webサイトの転送設定

WebサイトのURLは、SEOの視点から考えるとできるかぎり変更しない方がよいですが、 変更する必要がある場合があります。その場合は、転送設定を使用して、これまでのURLから、新しいURLに転送します。

Webページに動画を貼り付ける

テキストだけのコンテンツと比較して、画像や動画などが使われたページは、訪問者に対して、訴求力が高いと考えられます。 Webページに動画を利用して、Webページにより多くの訪問者を呼び込みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」