Home > Editor > 秀丸エディタとマクロ > HTML

ベクトルドロー・レベルゼロ

秀丸エディタでHTMLファイルを作成する

新規作成日 2015-11-17
最終更新日

秀丸エディタでHTMLファイルを作成する

HTMLファイルの中身はプレーンテキストなので、そのままでも作成できます。HTMLファイルを作成するための支援する機能とマクロを整理します。

秀丸エディタは、汎用テキストエディタであるため、インストーした状態のままでは、htmlファイルを作成するためには、あまり親切なエディタではありません。 しかし、秀丸エディタは、強力なマクロ機能を持っています。マクロで、作成支援機能を作成したり、公開されているhtmlファイルを作成する際に便利なマクロが公開されています。

秀丸エディタの設定

htmlとcssの編集に向いた設定を考えます。

  • 秀丸エディタで、htmlのカラー・テーマ設定を手作業で変更する

    エディタで、コードを自動で色分けすると、読みや安くなり、また、タイプミスも見つけやすくなります。秀丸エディタでは、簡単な設定で色を変更することができるので、自分が見やすいと思う色分けに変更することもできます。

  • 秀丸エディタの文字コードをUTF-8に変更する

    秀丸エディタは、インストールしたままでは、新規作成する場合Shift-JISの文字コードのテキストを作成します。しかし、現在のWindowsなど、ほとんどのパソコンでは、文字コードにUTF-8を使用しています。

  • 秀丸エディタのカラー・テーマ、スキンを変更する

    秀丸エディタのデザインは、 標準では、Windowsアプリケーションでは一般的な、白を背景とした明るいデザインです。 カラーテーマを導入して、暗い背景に変更します。 長時間、テキストを入力する場合は、暗い背景にするとかなり目の疲れが軽減できます。

マクロによる支援

htmlファイルの作成に役に立つマクロがあります。また、見つからない必要な機能は、自分で作成することを考えてみましょう。

HTMLファイルの作成管理に便利な正規表現パターン