Home > Editor > Expression Web 4

ベクトルドロー・レベルゼロ

Expression Web 4

最終更新日

Expression Web 4 は、マイクロソフトから販売されていたWebサイト作成ツールです。2012年にサポートが終了しており、無料で利用することができます。

Expression Web 4は、WYSIWIG 型のエディタを持っていますが、サポート終了後にhtml5、css3が登場したため、現状、WYSIWIG型のエディタとしての使い勝手は、よくありません。しかし、他のhtmlエディタも、それほど変化していないため、Webサイトを作成するための選択肢としては有効です。

htmlエディタを使う理由

Webサイトの基ととなるhtmlとcssファイルは、テキストで記述されているため、Webサイトを作成するためには、基本的には、テキストエディタで十分です。 しかし、htmlエディタには、スニペットを簡単に挿入する機能や、サーバーにファイルを転送するftpクライアント機能、リンク切れを検出してくれる機能などがあらかじめ備わっています。 そして、Webデザインのひな型となるテンプレートも用意されています。 そのため、すぐにWebサイトの作成を始めることができる利点を持っています。

テキストエディタは不要?

htmlエディタがあれば、汎用テキストエディタを使う必要がないかというと、そうではありません。汎用テキストエディタは、マクロ機能が充実しており、歴史のある汎用テキストエディタでは、すでに存在している多くのマクロの量、そして、マクロを作成しようとした際、サポートしてくれるコミュニティが活発に活動しています。そのため、マクロ機能を使って一括で操作する場合は、汎用テキストエディタのマクロを活用したほうが便利です。

Expression Web 4 でも、VBAは利用できますが、どうやって使用するかといった情報は、ほとんど見つかりません。使おうとすると、かなりの試行錯誤が必要になるものと思われます。

コミュニティ

参考サイト

困ったときに利用するサイトです。

関連記事