Home > Tools > CMS

ベクトルドロー・レベルゼロ

スクリプト言語を基準にCMSを選択する

新規作成日 2016-11-24
最終更新日

情報量や機能面で考えるとCMSの最も有力な選択肢は、WordPressです。

スクリプト言語を習得する目的で、目的のスクリプトで作成されたCMSを選択したい場合はいろいろな選択肢があります。

効率的に、ブログやホームページ、ショッピングサイトを運営したい場合、CMSとスクリプトを使う必要があります。 習得する目的のスクリプトで作成されたCMSを選択すれば、効率的にスクリプト言語を学習できることが期待できます。

※事前調査をしただけで、実際に試してはいないことにご注意ください。

PHP

WordPress、EC Cubeが有名です。そのため、ほとんどのレンタルサーバーは、PHPの駆動については、かなりの配慮をしています。 そのため、データベースの利用の可不可さえ確認すれば、ほとんどのレンタルサーバーで利用できます。

Ruby

名前が有名なWebフレームワーク「Ruby on Rails」は、共用レンタルサーバーで運用している限り、パフォーマンスの関係から、選択しないほうがよさそうです。 動作がかなり遅いようです。詳しくは、「さくら Rails」で検索してください。 そのため、共用レンタルサーバーで運用している限り、「Ruby on Rails」を使用していないCMSを選択することが重要になります。そのため、選択肢がありません。 Amazon ec クラウド上で利用する例が多いようです。

Python

Perl

  • Movable Type(ムーバブルタイプ)

    Perl / MySQL で構成、商用利用の場合は有償ライセンスを購入する必要有り

    Movable Type:公式サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」