Home > ホームページスペース

ベクトルドロー・レベルゼロ

既存のインターネットで情報を発信するサービスを利用する

新規作成日 2016-11-10
最終更新日

SNSやブログなどインターネットで情報を発信するサービスでは、新着紹介や人気の記事など、 そのサービスのユーザー間で相互にアクセスを促す仕組みが導入されています。 そのため、全く初めて始める場合は、SNSやブログなどの既存のサービスを利用すると効率的にアクセスを集めることができます。

SNS, ブログサービス

SNSによる情報の拡散は、サイト訪問者を集めるためには、有効に使いたいものです。 ブログサービスは、そのサービス全体でサーバー負荷を分散しているので、パズと呼ばれるアクセス爆発への耐性が高いこと、 足跡機能など、読んだ人の記録を公開すことで、読んだ人の書いたブログと、読んだ人のブログをつなげる機能や 新着や人気の記事を紹介することで、ユーザー間の交流(相互アクセス)を促進する機能を提供しています。

注意点として、利用規約に違反したり、運営に不都合な記事を書くと、予告なしでアカウントを停止され、 今まで書き溜めた記事にアクセスできなくなることがあります。そのため、ある程度アクセスがあつまった時点で独自運用サイトに移行するといいといわれています。 これは、おそらく、アカウントを停止され、独自サイトで、初めからやり直した人からのアドバイスだと思います。

サービスに広告を貼り付ける場合は、無料サービスの場合は、運営側の広告が貼り付けられたり、制約が設けられていることがあります。

掲示板・Q&Aサイト

自分の発言は投稿できますが、投稿した文章は利用したサービスのものになってしまいます。そのため、広告により収入を得たりすることには利用できなくなります。 投稿は、自分のサイトに利用者を誘導することを考えて活用しましょう。回答に直接自分のサイトへのリンクを貼り付けておかなくても、 プロフィール欄に、自分の運営するサイトへのリンクを貼り付けて置くだけでも効果があります。

ホームページを作成する空間を提供するサービス

Webツールと豊富なテンプレートを用意して、ホームページ作成を支援するサービスが存在します。 豊富なテンプレートとWeb短時間で、かなり見た目の良い使いやすいページが作成できます。

中心的なビジネスモデルは、作成されたページに貼り付ける広告収入と有料サービスからの収入です。 その為、作製したホームページは、他のサーバーに移行できないことが多く、利用者の急増やアクセスを大量に集める優れたサイトが発生すると、 表示速度が、壊滅的に遅くなる可能性があります。そして、その場合、コピペやスクレイピングで、テキストを取り出して新たに何処かにホームページを作成するか、 サービスインフラが増強されるの待つしかなくなります。

このような、デメリットが存在するものの、手軽にかんたんに見た目の良いサイトが作成できる価値は絶大です。 作業に対する報酬や費用、賞賛、ねぎらいが期待できない、サークルのホームページなどの作成には強い味方になります。

広告や物販などの収益サイトを構築する際は、注意して利用する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」