Home

ベクトルドロー・レベルゼロ

サービスを利用する

新規作成日 2017-02-19
最終更新日

インターネット上で、ホームページやブログなど情報を公開する場合、場所と作成ツール、テンプレートが用意されているサービスを利用すると素早く情報を提供することができます。

もちろん、文章や画像は自分で用意する必要がありますが、かなり、自分で行うことが少なくて済みます。 そのため、自分で用意したレンタルサーバー上で運営するブログやホームページと合わせて有効に利用していくとより便利になります。

インターネット上で、情報を公開するサービスでは、大きくの4つのサービスがあります。

  • ホームページ・サービス
  • ブログ・サービス
  • ショッピングモール
  • SNS

ホームページ・サービスでは、ホームページが作成できる場所と作成ツール、テンプレートが用意されています。ほとんどのサービスでは、無料でも使用できますが、有料サービスへの移行を促すために、さまざまな制約が設けられています。

ブログサービスも同様に、ブログが作成できる場所と作成ツール、テンプレートが用意されています。加えてブログサービスでは、同じサービスを利用する利用者がお互いに作成したブログを閲覧し交流するための仕組みが用意されているので、ブログへの訪問が増加しやすい傾向があります。この理由から、選択する際は、自分の興味があることやブログの内容に近いブログが多く掲載されているブログサービスを利用したほうが、ブログへの訪問者が増えやすくなります。

ショッピングモールは、インターネット上で、何かを販売する際に使用します。ホームページを作成し、公開する機能に加えて、カートシステムと商品管理システムが利用できます。初期費用、月額費用、販売金額の一定割合を利用料として支払う必要があります。売れるかどうかわからない場合は、初期費用と月額費用が無料のサービスを使用することができます。

必要な環境がツールやサーバー、テンプレートを含めてすべて揃っているため、短期間で公開することができます。

サービスを使うメリット

サービスの実態は、CMSのようなWebアプリケーションです。ページの作成や設定がグラフィカルなツールで操作できます。

ユーザーが、変更できる部分を限定しているので、デザインの変更ができない部分がありますが、その分覚えることが減ります。

特にブログサービスでは、利用者同士で閲覧する仕組みが用意されているので、アクセスが増えやすい傾向があります。

サービスを利用する際の注意点

見た目のよいテンプレートが用意されていること、ブラウザ上で動作するWYSIWYG型のエディタが利用できることなど、特別な知識を学ぶことなく、情報を公開できるメリットがあります。

しかし、ブログやホームページでサービスを利用する場合、尖った内容やアフィリエイトなどの広告収入を目的にした内容を記述するには、あまり適していません。

サービスでは、広告を掲載して広告収入を得ている場合があります。そして、同じサービスを使用するたくさんのユーザーがいます。つまり、お互いに影響しあっています。そのため、広告主が不快思う可能性がある内容、サービスを利用する方が不快になる可能性がある内容と判断されるとアカウントが停止されます。アカウントが停止されるので、それまで書いた記事にアクセスできなくなります。また、倒産などの理由でサービスが終了した場合も同じです。せっかく書いた記事がなくなってしまいます。

記事のバックアップを作成しておけば、記事をなくしてしまう危険は防げますが、尖った内容の記事やあからさまな販売目的の記事を書くことは危険です。

それを避けるには、自分で、レンタルサーバーを借りるなどしてサーバーを用意して、ホームページやブログを運営する必要があります。

  • サービスの利用規約に従う必要があります
  • サービス負荷が高まり、動作が遅くなったときにユーザー側から対応できることはありません。
  • サービス側の判断でアカウントが停止されると作成したコンテンツを回収することができません。
  • アフィリエイト広告の掲載に制約がある場合があります。

これらの理由から、より積極的に利用する場合は、これらのサービスだけで運営することはほとんどありません。 自分で、サーバーを借りそこでもサイトを運営し、アクセスを誘導します。 複数のサイトを運営することで、いくつかのサイトに不具合が発生しても、すべてのサービスが停止してしまう危険を避ける傾向があります。

レンタルサーバーを借りて自分でサイトを作成し運営する

代表的なサービス

  • Googleサイト(外部サイト)

    凝ったことはできないが、検索エンジンには登録されやすい。メモ的に使うには便利

  • Jimdo(外部サイト)

    簡単にホームページが作成できる。ネットショップ機能あり。

  • WiX(外部サイト)

    簡単にホームページが作成できる。ネットショップ機能あり。

  • STORESjp(外部サイト)

    決済機能付き高機能オンラインストアが作成できる

  • BASE(外部サイト)

    決済機能付き高機能オンラインストアが作成できる

  • FC2

    広告表示なし、商業利用可、FTP使用可、htmlとcssを試用してホームページを作成することもできます。

  • BiND Croud

    初年度無料・月480円+税 テンプレートとオンラインツール+サーバー

ショッピングモールを使用すると、ホームページを作成することなく物販が可能です。

ブログやSNSについては、「SNS, ブログサービス」をご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」