Home > ホームページスペース

ベクトルドロー・レベルゼロ

無料で利用できるホームページ作成スペース

新規作成日 2015-11-07
最終更新日

無料で利用できるホームページ作成スペースについて

ホームページやサイトを作成する際に使い方から覚えていきたいときに、無用で使えるレンタルスペースはよい選択肢のように思います。 使い方や、記事やページが作成できるようになるまで、時間がかかったり、時間が取れなかったりするので、 有料のレンタルスペースでは、使わないうちに時間が過ぎてしまうこともあります。

なぜ、無料で利用できるのか

大きくは、2つの目的で無料サービスを提供しているものと思われます。

  • ユーザーを育てる
  • 広告収入を得る

ユーザーを育てる

ホームページスペースの提供やレンタルサーバーで収益を得ている企業では、サーバーを使ってくれる顧客が必要です。 その用途のホームページの作成は、それなりに技術習得や作成に手間がかかります。 そこで、無料でホームページを作成できるスペースを利用してもらい、それに興味を持ってもらったり、作成する技能を習得してもらう目的です。

その中の何割かが、有料サービスに移行してくれる可能性があります。 使うのに技術が必要なサービスは、顧客になる可能性がある人数をどう増やすかが重要なポイントになります。

広告収入を得る

作成されたホームページに広告を張り、その広告収入で事業を運営する方法です。 単独では難しいかもしれませんが、余剰のサーバー能力を部分的に提供するなど組み合わせる方法があります。

無料スペース提供者側の広告がないサービスもありますが、その場合でも、一定期間更新がない場合は、広告を張り付ける規定になっている場合があります。

なぜ、有料サービスに切り替える必要があるのか

無料なら、ずっとサービスを利用し続ければ問題ないように思えます。なぜ、有料サービスに移行するのでしょうか。

サイトが育つ

サイトが育てば、自分で、サイト広告を張り付けていれば、収益が発生します。 サイトへの訪問者が増えますが、無料サーバーでは、能力に限界があり、ある一定以上は増えることがありません。 その結果、広告収入は頭打ちになります。

そのカテゴリーで影響力を持つためには、多くの人にサイトに訪問してもらう必要があります。

多くの人が訪問することで、サイトの動作が遅くなり使いにくくなることがあります。

自分の能力が上がる

無料スペースでは、行うことができることが制限されています。慣れてくると新しいことが、より高度なことがやってみたくなります。 その際、制限少ない有料サービスへ移行したくなります。

使う前に知っておくべき制限事項

利用する無料サービスによって制限項目が変わりますので、私が、使用しているFC2無料ホームページについて感じたことを記載しておきます。 制限を理解した上で、適切に利用すれば、便利なサービスです。これらの点も考慮しつつサービスを選択しましょう。

  1. アップロードする1ファイルの大きさに制限がある。
  2. 段階的な有料サービスへの移管ルートが用意されていない。
  3. 有料サーバーを移転する際に困る。
  4. 一定期間更新がないと、オーバーレイ広告が表示される。

1について、1ファイルあたりの大きさが、1MBが上限なので、プログラム、動画、イラストなどの静止画で利用するには問題があります。

サービスで、提供された無料のサブドメインは、サービスの外に持ち出すことができないので、 サイトの内容は、移動できても訪問者を新しいサイトに移動できません。 そのため、移動には、新旧2つのサイトを同時運営して、訪問者を誘導する必要があります。.htaccessが利用できるので、301リダイレクトが使えます。

4について、無料サービスでも、放置しておくとよくないということでしょう。たまに、更新しましょう。

サービスの種類

無料で利用できるレンタルサーバー

微妙に使いにくい制約を設定し、順次有料サーバーへの移行を促すような意図を感じます。 低価格な有料サーバーで始めたほうが、結果として作業は軽減できますが、 アクセスが集まるまでの期間を無料サーバーで耐えしのぐ戦略を否定する気にはなれません。

アクセスが増えた時点での有料サービスへの移行を視野に入れ、独自ドメインや.htaccessの利用できるサービスを利用したほうが良いと思われます。

SiteMix

無料プランからスタートし、有料のオプションを追加して、容量やサービスの追加を行っていく形式、 有料のオプションを追加すると他社の有料サーバーより割高になるので、微妙。

SiteMix
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
あり 記載なし
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
利用可能 独自ドメインの場合のみ30 記載なし 1.5GB
MySQL .htaccess
オプション 記載なし

FC2

利用可能なファイルサイズが無料サーバーとしては大きい、そして、アダルトコンテンツの利用が、自己責任において許可されている特徴があります。 一番の制約は、アップロード可能なファイルサイズの上限が1MBであることです。 独自ドメインはオプションで利用できますが、料金設定が高いので、 独自ドメインを利用する場合は、アダルトコンテンツを利用していない場合は、他のサーバーに移行したほうが良いと思います。

.htaccessが利用できるので、サーバー変更の際は、301リダイレクトが利用できます。

スマートフォンでは広告が表示されること、パソコンでも3か月以上更新しないと広告が表示されます。

FC2ホームページ無料版
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
無し(スマートフォンは広告有) 不可
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
オプション - 記載なし 1GB
MySQL .htaccess
なし 利用可

無料で利用できるレンタルサーバー(WordPressが使えるもの)

サービスによっては、WordPressや独自URLが利用できるサービスがあります。 WordPressを使うためには、PHP,MySQLが使えたほうが有利です。スクリプトで駆動するホームページを公開する場所としても利用されます。

ネットオウル

独自ドメインが利用できるので、サイトにアクセスが集まり始めるまで利用する場合に適しています。利用可能なファイルサイズが1GBあるので、静的サイトでは困ることはないと思います。 広告表示のオプションを設定するとMySQLとPHPが使えるようになるので、WordPressを使うことが可能です。

ウェブクロウ
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
無し PHPのみオプション
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
1 20 1.6 GB/日※ 1GB(オプション 2GB)
MySQL .htaccess
オプション時1個 利用可

※月を30日として計算

未来サーバー

アフィリエイト目的では利用できません。

未来サーバー利用規約

無料PHPサーバー
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
無し 不可
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
無制限 最大5 無制限 無制限
MySQL .htaccess
無制限 利用可

※月を30日として計算

Xdomain

広告表示あり、独自ドメイン利用可、Xdomainでドメインを取得すると制限緩和される。

HTMLサーバー機能
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
無し(3ヶ月間更新が無いと表示されます) 記載なし 国内接続に限る PHPのみ可
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
10 50 記載なし 1
MySQL .htaccess
1 利用可

アップロード可能なファイルサイズの上限 3MB

PHP・MySQLサーバー機能
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
有(スマートフォンのみ表示されます) 記載なし 国内接続に限る PHPのみ可
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
10 50 記載なし 1
MySQL .htaccess
5 利用可

アップロード可能なファイルサイズの上限 3MB

WordPress機能
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
有り 記載なし 国内接続に限る PHPのみ可
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
5 記載なし 記載なし 2
MySQL .htaccess
あり(100MB) 利用可

アップロード可能なファイルサイズの上限 30MB

WPblog

WPblog
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
有り(スマートフォン、タブレット端末のみ) PHP
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
記載なし 記載なし 1
MySQL .htaccess
あり(100MB) 利用可

freeweb

WPblog
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
有り 記載なし PHP
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
記載なし 記載なし 記載なし 記載なし
MySQL .htaccess
利用可 利用可

hostinger

WPblog
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
有り 記載なし 利用可 PHP
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
利用可能 記載なし 3.3 2
MySQL .htaccess
2 利用可

月を30日として計算

XREA

WPblog
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
有り 一部対応 利用可 PHP
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
10 10 0.3 1
MySQL .htaccess
1 利用可

月を30日として計算

Heroku

FTPは使えません。gitのリポジトリごと、SSHプロトコルを利用してプッシュ(アップロード)します。

PingFiles

まとめ

無料サーバーを利用しても、独自ドメインを利用できることろで、WordPressなどのCMSでは、更に、データーベースのバックアップの方法を習得していれば、問題ないと思います。

html,cssでも、WordPressなどのCMSの場合でも同じかと思いますが、無料サーバーでは、実質的に対応できるPVがあまり多くありません。 使ってみないとわからないと思いますが、おそらく、WordPressなどのCMSでは、1日300PVあたりまでなら、問題ない可能性が高いです。 html,cssの場合では、500PVでは、既に厳しいです。 ワードプレスでは、同じくらいか、更に上限が低いと考えておいたほうが良いかと思います。

更に、記事作成速度とPVの増加速度によります。

ガンガン記事を書いていくつもりなら、月額500円以下の低価格のサーバーで開始しても良いかと思います。 月額1000円は、個人では、サイト内で広告収益が発生していないと、気持ちの問題により維持が難しいのではないかと思います。 複数のサイトを立ち上げる気があるのでしたら、マルチドメインの上限数もチェックしておくことをおすすめします。

初心者で、記事の作成速度が遅ければ、記事も早く増やせないし、その結果PVもそれほど急速に上げれない、 そして、文章もそれなりなので、速度と記事の質が向上するまで、無料プランで問題ないかと思います。 逆に、それなりの速度で、魅力的な文章を作成できるスキルをお持ちでしたら、 急速にPVは向上すると思いますので、有料プランで開始するのがおすすめです。

他の選択しとして、ブログを作成することが目的の場合、データの移行が手間なので、 結果的に記事が、サービスにひも付けになるデメリットを気にしなければ、無料のブログサービスでも良いかと思います。 プログサービスを利用したほうが、初期のPVの増加が早いので、 全くサイトを持っていない状態で始めるなら、ブログサービスを利用したほうが、PVが早く集まると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」