Home > ホームページスペース

ベクトルドロー・レベルゼロ

インターネット上で、無料で情報を発信する場所を確保する

新規作成日 2015-11-07
最終更新日

インターネット上で、無料で情報を発信する場所は、うまく利用すると、サイト作成や運用の技能を取得するための費用を抑えることができます。

使い方や、記事やページが作成できるようになるまで、時間がかかったり、時間が取れなかったりするので、有料のレンタルスペースでは、使わないうちに時間が過ぎてしまうこともあります。 また、サイトを作成に手間取り、長期間アクセスが低迷すると、その状態で、負担のある出費が継続するとより心が折れやすくなり、諦める要因になります。

それぞれ、提供されている機能と制約が異なります。利用前に確認しましょう。

無料レンタルサーバー

WordPressが使えないもの

アクセスが増えた時点での有料サービスへの移行を視野に入れ、独自ドメインや.htaccessの利用できるサービスを利用したほうが良いと思われます。

SiteMix

無料プランからスタートし、有料のオプションを追加して、容量やサービスの追加を行っていく形式、 有料のオプションを追加すると他社の有料サーバーより割高になるので、微妙。

SiteMix
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
あり 記載なし
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
利用可能 独自ドメインの場合のみ30 記載なし 1.5GB
MySQL .htaccess
オプション 記載なし

WordPressが使えるもの

ネットオウル

独自ドメインが利用できるので、サイトにアクセスが集まり始めるまで利用する場合に適しています。利用可能なファイルサイズが1GBあるので、静的サイトでは困ることはないと思います。 広告表示のオプションを設定するとMySQLとPHPが使えるようになるので、WordPressを使うことが可能です。

ウェブクロウ
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
無し PHPのみオプション
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
1 20 1.6 GB/日※ 1GB(オプション 2GB)
MySQL .htaccess
オプション時1個 利用可

※月を30日として計算

未来サーバー

アフィリエイト目的では利用できません。

未来サーバー利用規約

無料PHPサーバー
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
無し 不可
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
無制限 最大5 無制限 無制限
MySQL .htaccess
無制限 利用可

※月を30日として計算

Xdomain

広告表示あり、独自ドメイン利用可、Xdomainでドメインを取得すると制限緩和される。

HTMLサーバー機能
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
無し(3ヶ月間更新が無いと表示されます) 記載なし 国内接続に限る PHPのみ可
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
10 50 記載なし 1
MySQL .htaccess
1 利用可

アップロード可能なファイルサイズの上限 3MB

PHP・MySQLサーバー機能
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
有(スマートフォンのみ表示されます) 記載なし 国内接続に限る PHPのみ可
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
10 50 記載なし 1
MySQL .htaccess
5 利用可

アップロード可能なファイルサイズの上限 3MB

WordPress機能
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
有り 記載なし 国内接続に限る PHPのみ可
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
5 記載なし 記載なし 2
MySQL .htaccess
あり(100MB) 利用可

アップロード可能なファイルサイズの上限 30MB

WPblog

WPblog
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
有り(スマートフォン、タブレット端末のみ) PHP
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
記載なし 記載なし 1
MySQL .htaccess
あり(100MB) 利用可

freeweb

WPblog
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
有り 記載なし PHP
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
記載なし 記載なし 記載なし 記載なし
MySQL .htaccess
利用可 利用可

hostinger

WPblog
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
有り 記載なし 利用可 PHP
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
利用可能 記載なし 3.3 2
MySQL .htaccess
2 利用可

月を30日として計算

XREA

WPblog
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
有り 一部対応 利用可 PHP
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
10 10 0.3 1
MySQL .htaccess
1 利用可

月を30日として計算

Heroku

FTPは使えません。gitのリポジトリごと、SSHプロトコルを利用してプッシュ(アップロード)します。

PingFiles

無料サービス

無料ホームページスペース

ホームページ作成のためのWebツールが用意されています。サービスに人気が出ると、表示速度が極端に下がる場合があります。

FC2

利用可能なファイルサイズが無料ホームページスペースとしては大きい、そして、アダルトコンテンツの利用が、自己責任において許可されている特徴があります。 一番の制約は、アップロード可能なファイルサイズの上限が1MBであることです。 独自ドメインはオプションで利用できますが、料金設定が高いので、 独自ドメインを利用する場合は、アダルトコンテンツを利用していない場合は、他のサーバーに移行したほうが良いと思います。

.htaccessが利用できるので、サーバー変更の際は、301リダイレクトが利用できます。

スマートフォンでは広告が表示されること、パソコンでも3か月以上更新しないと広告が表示されます。

FC2ホームページ無料版
広告の有無 商用利用 FTPの利用 CGI・スクリプト
無し(スマートフォンは広告有) 不可
独自ドメイン マルチドメイン 転送量 記憶容量
オプション - 記載なし 1GB
MySQL .htaccess
なし 利用可

使う前に知っておくべき制限事項

利用する無料サービスによって制限項目が変わりますので、私が、使用しているFC2無料ホームページについて感じたことを記載しておきます。 制限を理解した上で、適切に利用すれば、便利なサービスです。これらの点も考慮しつつサービスを選択しましょう。

  1. アップロードする1ファイルの大きさに制限がある。
  2. 段階的な有料サービスへの移管ルートが用意されていない。
  3. 有料サーバーを移転する際に困る。
  4. 一定期間更新がないと、オーバーレイ広告が表示される。

1について、1ファイルあたりの大きさが、1MBが上限なので、プログラム、動画、イラストなどの静止画で利用するには問題があります。

サービスで、提供された無料のサブドメインは、サービスの外に持ち出すことができないので、 サイトの内容は、移動できても訪問者を新しいサイトに移動できません。 そのため、移動には、新旧2つのサイトを同時運営して、訪問者を誘導する必要があります。.htaccessが利用できるので、301リダイレクトが使えます。

4について、無料サービスでも、放置しておくとよくないということでしょう。たまに、更新しましょう。

Googleサイト

凝ったことを行うには知識が必要ですが、検索エンジンには登録されやすい。メモ的に使うには便利

Jimdo

簡単にホームページが作成できる。ネットショップ機能あり。

WiX

簡単にホームページが作成できる。ネットショップ機能あり。

無料ブログ

ユーザー間で、お互いのブログに訪問しやすい仕組みが用意されているので、 レンタルサーバーでブログを開設するよりもアクセスが集まりやすい特徴があります。広告収益を得るには、有料サービスに移行する必要がある場合が多いです。

規約に反するとアカウントが停止され、投稿した記事が取り出せなくなるので、規約に抵触する内容を扱うときは、 レンタルサーバーを借りて、ブログを独自運用することをお勧めします。

基本料無料のオンライストア

ストアページの作成ツールとテンプレートおよびショッピングカートがセットになったサービスです。 基本使用料が存在し、販売時の手数料が少ないものと、基本使用料が存在せずに、販売時の手数料のみのものがあります。

販売数が少ないときは、基本使用料が少ないものがお得になります。

STORESjp

決済機能付き高機能オンラインストアが作成できる

BASE

決済機能付き高機能オンラインストアが作成できる

なぜ、無料で利用できるのか

大きくは、3つの目的あると思われます。

ユーザーを育てる

ある程度の技能が無いと育たない市場があります。例えば、楽器メーカーが音楽教室を開くようなものです。 ホームページやブログに広告を配信したければ、ある程度の質のホームページやブログが存在している必要があります。 レンタルサーバーや独自ドメインを使ってもらいたければ、ホームページやブログを作成できる人が増える必要があります。 利用者の能力が向上すれば、その企業が提供する有料サービスを使用してくれるかもしれません。

広告収入を得る

無料で利用できるサービスは、運営体の広告が表示されることが多いです。 パソコンでは、表示されなくても、スマホでは表示される場合があります。 その広告をクリックしたり、その広告をクリックして訪れたサイトから買い物をすると一定量の広告収益が得られます。 また、広告を表示する権利を一定の金額で販売することができます。 広告が表示されないとうたっているサービスでも、一定期間更新がない場合は、広告が表示されることが多いです。

人の集まる場所を作る

商売を行うには、多くの人が訪れたり、滞在していることが重要になります。 お客がいなくては売れません。インターネットの世界では、人が訪れていることにも価値があります。

利用する際の注意点

複数のサービスがあるので、利用規約や制限事項について調べ、自分が使用する用途で問題が無いことを確認してから利用するようにしましょう。

ガンガン記事を書いていくつもりなら、月額500円以下の低価格のサーバーで開始しても良いかと思います。 月額1000円は、個人では、サイト内でそれ以上の広告収益が発生していないと、気持ちの問題により維持が難しいのではないかと思います。 複数のサイトを立ち上げる気があるのでしたら、マルチドメインの上限数もチェックしておくことをおすすめします。

初心者で、記事の作成速度が遅ければ、記事も早く増やせないし、その結果PVもそれほど急速に上げれない、 そして、文章もそれなりなので、速度と記事の質が向上するまで、無料プランで問題ないかと思います。

ページトップへ
このエントリーをはてなブックマークに追加