Home > 初心者向けSEO関連情報

ベクトルドロー・レベルゼロ

初心者向けSEO関連情報

新規作成日 2016-11-06
最終更新日

SEOとは、ページを閲覧する人だけでなく、 検索エンジンの順位決定を行うアルゴリズムからの見え方を意識してページデザインやコンテンツを作成する手法のことです。

検索エンジンは、実質、googleの独占状態であるので、 googleが提示する「ウェブマスターガイドライン」をどのようにページに反映するかという問題になります。

ウェブマスターオフスアワー・ハングアウト

googleの検索エンジンの開発・管理リームが、直接、質問で答えてくれる動画です。

高度な内容が多いので、さっぱりわからないかもしれませんが、目を世押しておいたほうがいいです。

Google ウェブマスター コミュニティ

素朴な疑問

使用するサーバーは高い能力のプランがいいの?

サイトの内容は、検索ボットと呼ばれるプログラムがサイトを閲覧しています。この閲覧行為をクロール呼ばれます。 無制限にクロールされると、サーバーがダウンしてしまいますので、サーバー能力に対抗してクロール頻度が変更されます。 そのため、サーバー能力が高いほうがサイトが頻繁にクロースされるので、更新したページがより早く検索結果に反映される可能性が高くなります。

ページ数も少なく、アクセスも少ないページで高額なサーバープランを使用するのはどうかと思いますので、そのあたりの判断は悩ましいところです。

<meta name="keywords" content="keyword">は、反映されない

<meta name="keywords" content="keyword">は、Googleの検索順位の評価に使用されていません。 google検索だけを考えた場合、初めから記述しないという判断もありですが、他のサービスで使用してる可能性があるので、一応記述しておいたほうがいいと思います。

301リダイレクトはいつまで続ける必要があるか

サイトの移転などURLを変更する際、リンク効果を引き継ぐ際に必要になります。 旧URLにアクセスがある限り、継続する効果はありますが、ドメインの維持費などの問題が発生します。

モバイル対応はしたほうがいいの

サイトで扱うコンテンツによります。モバイル端末でアクセスの集まるコンテンツと集まらないコンテンツがはっきりと存在します。

それは、それとして、あらかじめレスポンシブデザインでサイトを作成しておくといいと思います。

用語メモ

クローキング

基本的には禁止事項 UserAgentを判別して、同じURLにおいて、来る人によって表示する内容を変更する行為。具体的には、自人が見る場合と、クローラーでページの内容を変更する。 特定の地域やIPからのアクセスでページを表示させない処理などを挿す。

年齢認証ページを表示するなどの行為は、googleによって認められています。 悪意があるかどうかによって、判断されるようです。

DMCA

Googleのコピー・コンテンツに対する削除依頼のシステム。コピー・コンテンツで作成されたサイトを通報すると、Googleが審査を行い、それが適切であれば、 検索結果に表示されなくなります。コピー・コンテンツの対応としては、ほかに「スパム報告」があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」