Home > Operation > サイトの逐次移動

ベクトルドロー・レベルゼロ

サイトの逐次移動

新規作成日 2015-11-11
最終更新日

はじめに

サーバーの変更やサイトの移動の情報は、個人運営のサイトには、あまり現実的で無いことが多いです。 これは、これらの情報を提供している方が、個人運営のサイトや片手間で管理している状態を想定していないためです。 どこかに、適切な情報があると思いますが、探せないので利用できません。結果として、 あまりサイト運営スキルがない状態で、サーバーの変更やサイトの移動の必要に直面した場合、 どのように行うか、自分で試行錯誤する必要が発生します。

状況

無料ホームページスペースで、運営会社から提供されたサブドメインで運営していたサイトを、有料サーバー、独自ドメインで運営するサイトに移行しようとしています。

無料ホームページで、運営していたサイトのアクセスが少し多くなり、サクセスが増えない状況になりました。 SearchConsoleでページ速度を確認すると、サーバーの能力の問題でアクセスが増えていないのでは無いかと疑問を持ちました。

平均読み込み時間☓ページビュー数

実際には、どうなのか判断する方法は知りませんが、これを機会に、サイト構成を整理し、有料サーバー、独自ドメインで運営するサイトに移行する決断をしました。

※この分析したサイトをブラウザでブラウズしている際、ブラウザがフリーズしたように動作しなくなることがあります。 おそらくこの現象が、値となって現れているものと思われます。

小さなカテゴリーを独立したサイトに分離する

まず、移行方法の検証、今後のサイト運営を楽にするために、「サイト作成」に関するカテゴリーを独立させました。(※このサイトです。)

レンタルサーバの契約を行い、独自ドメインを登録しまし、テンプレートの修正やページを格納するディレクトリ構造の変更を行い、サイトを移動しました。

このカテゴリーは、移動時点で60ページほどです。移動予定のページのほぼすべてを移動させてから公開することができました。 (※今後、記事を追加しない予定のテーマは、これまでのサイトに放置する予定です。)

大きなカテゴリーを独立したサイトに分離する

今回、大きなカテゴリーを独立したサイトに分離します。

まず、小さなサイトを独立したサイトに分離することで、サイト内のカテゴリーを独立したサイトに分離する手順の確認と修正ができました。 サーバ設定の方法が確認でき、また、テンプレートも修正することができました。

ただ、同じ手順で移行するには、少し問題があります。

同じ手順で移行できない問題点

運営しているサイト内で、一番アクセスが集中しているカテゴリーのため、サーバー負荷の原因、アクセスが向上しない原因なので、早く移動したい。

カテゴリー内のページ数が、220ページほどあるため、「ほぼすべてを移動させてから公開する」といつ公開できるのかわからない。

方針

メニューとディレクトリ構造を構築したあと、移行するサイトのサブカテゴリーで、それぞれの内容に分岐するサブカテゴリーメニューを差し替え、サイトを運用することにします。

その後、それぞれのページをサブカテゴリーごとに新しいサイトに移動していきます。

誰でも思いつきそうなのに、あまり聞かないやり方ですので、何か問題がありそうですが、この方法で行うことにします。 サイトアクセスの変化や検索エンジンの掲載順位には、悪い影響があるような気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」