Home > Operation > サイト引っ越しへの道

ベクトルドロー・レベルゼロ

独自URLと有料サーバの選択

新規作成日 2015-11-03
最終更新日

どのレンタルサーバがいいのか?

レンタルサーバの評価を掲載しているページを探してみても、月額500円以下のレンタルサーバは、あまり良い評価が書かれていません。 無料ホームページスペースよりは、よさそうな気がしますが、実際にはどのように評価し、選択すればよいのでしょうか。

レンタルサーバの能力を検証するには?

レンタルサーバの能力が、自分で運営しているサイトに適しているかどうか判断するには、運営しているサイトをそのレンタルサーバに移動させ、 サイトへのアクセスの変化を観察する必要があります。

評価するためには、転送では、訪問者の移行が完全に行えないため、独自URLで運営している必要があります。

URLを直接打ち込んで、サイトに移動することはなくなりましたが、ブックマークやお気に入り、リンクから、移動するため、URLか変わると、ページへの流入は、一時的に減少するはずです。 そのため、サーバの性能の評価ができません。

サーバーやネットワークの知識があれば、ダミーの負荷をかけ、応答速度を確認する方法もありますが、この方法は、概略値が得られるだけで、サイトがどのような挙動を示すかはわかりません。

レンタルサーバーの比較記事は存在しますが、期日の近い情報が入手できることはほとんど無いでしょう。 そして、サーバー機も適時更新され、サーバ内に共存するサイトの繁閑も変化するのでどこまで考慮していいか疑問です。

参考:レンタルサーバーを比較しました(外部サイト)

検証出来ないので...

現在、運用しているサイトは、独自URLで運用にしていないので、これから借りるレンタルサーバの能力を確認することができません。

独自URLの利用できる、無料のホームページスペースに一度、移動させて、再度、レンタルスペースに移動する方法もありますが、手間が増えるので、ここでは選択しません。

今回は、エイヤーで、低価格帯のレンタルサーバを借りて、サイトの独自URL運用と再構成を行います。

移動を考えているサイトが、無料スペースなのでサーバー能力は、あまり考えなくても、より高性能な環境になると推測しています。 とは言え、どのみち検証方法がありません。

独自URLの入手

レンタルサーバのお試し期間登録前に、独自URLを入手することにします。

※レンタルサーバの関連会社のレジストラで、独自URLを入手する場合は、まず、アカウント登録するスタイルが多いです。 詳しくは、利用するレジストラ、あるいはレンタルサーバ会社のヘルプを参照してください。

レジストラは、「お名前.com」を使用します。理由は、利用しているアフィリエイトプロバイダーで、自己購入するとアフィリエイト報酬が得られるから選択しました。 アフィリエイトサービスは、支払い最低額に達しないと報酬は支払われないので、支払い最低額に達するまでは、絵に描いた餅です。

レジストラにより、取得費用や更新費用、ポイントサービスなどが変わりますので、一番お得と思うレジストラを利用してください。 また、レジストラの関連企業の、レンタルサーバを借りる場合は、そのレジストラを使用すると設定の手間が減ります。

取得費用と更新費用を考え、気に入った文字列に空きのあるドメインを1つ登録しました。1つのドメインで、サブドメインを複数使う予定です。

レンタルサーバーの契約

レンタルサーバの検証はできませんが、無料ホームページスペースよりもおそらくはアクセス速度が速いことを期待して 低価格帯のレンタルサーバを使うことにします。

Core-Miniサーバの設定

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」