Home > Operation > サイト引っ越しへの道

ベクトルドロー・レベルゼロ

テンプレートを作成する

新規作成日 2015-11-08
最終更新日

状況

無料ホームページスペースで、スペースで無料で貸し出してくれるサーバーのサブドメインで、サイトを運用しています。

このところ、運用しているサイトのサクセスが停滞しています。サイト内のページ数も1000ページを少し超え、 ページビュー数も1日あたり500PVあたりで安定しており、ジワリジワリとしか増えません。

サイトの内容の力不足なのか、サーバー能力の制限でアクセスが伸びないのか判断がつきません。

サイトに貼り付けているサイト広告で現在得られている収入で、サーバー費用と独自URLの取得及び維持費はまかなえます。

そこで、低価格帯の有料サーバーを契約し、独自ドメインを取得して、サイトを移動しようと考えました。

方針

低価格帯のレンタルサーバーにする

現在無料ホームページスペースで運用しているので、低価格帯のレンタルサーバーでも十分能力が高いと思われるので、過度な費用負担は避ける。

運用コストの安いドメインを選ぶ

運用コストを考えると取得費用と更新費用の合計でドメインを選ぶ必要があります。

サイトの構造を整理する

無計画にページを増やしてきたので、同じような内容が、様々なディレクトリの様々なページに散らばっています。 整理して、ページの追加や管理が容易なサイトに変更したい希望があります。

計画

サイト移動おける希望

テンプレートを修正する

以前、Googleから、モバイルフレンドリーでないとサイトにケチをつけられて修正したテンプレートを修正したい。

独自ドメインを取得し独自URLでサイトを運用する

この際に、サイトが移動しやすく、サーバーからサイトを独立させることができる、独自URL運用に変更したい。

WordpressやCGIが使える環境を手に入れたい

今後の技術習得の可能性のため、WordpressやCGIが使えるサーバーを選択する。

移動手順

関連情報を集める

サイトの移動は、レンタルサーバーの選択及び取得、ドメインの選択及び取得、サイトの移行手順など、知らないことがたくさんあるので情報を集める。 集めた情報は、サイトのページの内容のネタにする。

カテゴリーに分割して、少しずつ移動する

移動元が無料サービスなので急ぐ必要がない。一番アクセスが多いテーマとこの操作の経験をページとして増やせるサイト作成カテゴリーの移動を優先する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」