Home > ホームページスペース

ベクトルドロー・レベルゼロ

ブログは独自運用をしたほうが良い?

新規作成日 2018-09-01
最終更新日

ブログにしても、ホームページにしてもサービスを使用したほうが、テンプレートや必要な設定があらかじめ行われている事が多いので、圧倒的に立ち上げの手間が減ります。デザインの作成や調整に手間を取られず、記事の作成に注力できます。

それでも、独自運用をしたほうが良い場合があります。

  • 尖った記事を投稿する場合

    ブログのスタイルや扱う記事の内容によっていは、ブログ・サービスの規約を逸脱してしまう場合があります。

  • 凝ったデザインを適用する場合

    サービスに用意されていないデザインは、利用できないことが多いです。

  • クライアントサイドやサーバサイドのアプリケーションを多用する場合

    ほとんどの場合、サーバサイドアプリケーションの利用ができません。

  • ネットショップで、売上が大きくなってきた場合

    手数料が、サイト作成コストを上回りそうな場合は、独自サイトを作成したほうがお得だと思います。

  • アフィリエイトでの利用

    サービスによっては、アフィリエイトでの利用が許可されていない場合があります。無料プランではだめで、有料プランではOKという場合もあります。

いちばん、問題になるのは、尖った記事を投稿したい場合です。その際、利用規約に抵触すると、アカウント削除になり、その時点までに投稿した記事にアクセスができなくなり、記事のデータのバックアップを作成していなかった場合、また、はじめから記事を作成することになります。

アフィリエイトなどで使う場合、積極的な誘導記事がブログサービスの規約に触れてアカウントが停止されることがあります。ブログサービスでは、無難な記事のみを投稿しましょう。

サービスの利用規約に抵触する恐れのある内容は、独自運用しているブログやホームページを利用したほうが無難です。全てをブログやホームページ・サービスで完結するのではなく、ある程度サービスで運用し、利用者を集めた後、サービスは、利用したまま、独自運用しているブログやホームページを作成し、利用者を誘導する方法が良さそうです。

アカウント削除を恐れる内容を投稿するのであれば、はじめから、独自運用したほうがよいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home Editor Tools Operation TagScript HPSpace

Copyright (C) 2011-2018 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」